障害年金制度

TOPページ > 受給までの流れ

■受給までの流れ

障害年金とは

受給判定(無料です)

受給の可能性があるかを無料で判定させていただきます。

電話またはこちらをクッリクしてください。

 

無料相談(受給判定後)

障害年金の受給の可能性の高い方について、さらに詳細確認のため資料を確認しながら、その可能性について、診断を進めていきます。可能性がやはり高いとなった場合には、申請のご提案をさせていただきます。

 

ご契約

障害年金申請の依頼をされる方は、料金とご提供サービス内容についてご説明させていただいた上で、ご契約いただきます。着手金をお支払いいただき業務を始めさせていただきます。

 

初診日の確定

・初診日の確定。初めにかかった医療機関を特定します。初診日に厚生年金の加入者なら厚生年金、国民年金の加入者や配偶者であれば国民年金制度を対象とした請求になります。

・初診日証明書の取得。そのための初診日証明の依頼書を作成し、病院から書類を受け取ります。それ以前の病院の有無など内容を確認します。

 

保険料納付の確認

・初診日前日に、前々月から1年間遡って保険料の未納・滞納がないかを確認し、もし滞納があるときは、20歳からこれまでの加入記録中、3分の2以上の保険料納付があるか確認します。

 

 

診断書の取得

障害認定日の病状を当時の医師に診断書を書いてもらいます。

 

 

病歴就労状況等申立書

ポイントを 押さえて作成します。

 

 

各種書類の準備

戸籍や住民票、所得証明書・非課税証明書などの取得をします。

 

裁定請求書の作成

年金事務所に提出する申請書を作成します。

 

提出

年金事務所(市区町村役場)へ提出します。

 

年金証書

国民年金の場合、~4か月、厚生年金の場合、6ヶ月程度で直接お客様のもとへ、
結果の通知書が届きます。

 

初回の振込

年金証書が届いて約1~2か月で初回の振込がされます。

 



障害年金請求の実績豊富な社会保険労務士が対応します。無料メール相談

Copyright © 2015 障害年金請求サービス All Rights Reserved.