請求に必要な書類

TOPページ > 請求に必要な書類

■請求に必要な書類

障害年金申請に必要な書類
必要書類一覧

・年金手帳(基礎年金番号通知書)、被保険者証
・既に年金を受給している方は年金証書
・診断書(場合によってはレントゲン)
・病歴・就労状況等申立書
・受診状況等証明書
・年金裁定請求書
・戸籍謄本

・口座番号、名義人名(カタカナ)のわかる通帳のコピー(年金の振込先)
・委任状

上記に加えて、配偶者・子供がいる時には
・世帯全員の住民票

・配偶者の所得証明書(非課税証明書)年金手帳、被保険者証
・高校生の子なら学生証
・20歳未満の障害者の子供がいる時にはその診断書
・配偶者が年金受給者の時には年金証書

 

診断書

障害年金請求に使う診断書は、障害の種類によって8種類あります。

傷病の状態によっては、複数の診断書を使う場合があります。

障害の種類
・ 目の障害用
・聴覚、鼻腔機能、平衡機能、そしゃく・嚥下機能、言語機能の障害用
・肢体の障害用
・精神の障害用
・呼吸器疾患の障害用
・循環器疾患の障害用
・腎疾患、肝疾患、糖尿病の障害用
・血液・造血器、その他の障害用

 

病歴・就労状況等申立書

発病から初診日までの状況や、現在までの受診状況・就労状況等を書きます。

 

受診状況等証明書(初診日証明)

初めて見てもらった病院と現在の病院が違う場合に必要な書類です。一番最初にかかった病院の証明書が必要です。

 

○診断書

請求の種類 必要な診断書
障害認定日請求 障害認定日より3か月以内の現症が記載されたもの
遡及認定日請求
・障害認定日より3か月以内の現症が記載されたもの
・裁定請求日前3か月以内の現症が記載されたもの
事後重症請求 裁定請求日前3か月以内の現症が記載されたもの
「初めて2級」請求
・前発障害について裁定請求日前3か月以内の現症が記載されたもの
・基準障害について裁定請求日前3か月以内の現症が記載されたもの

 

障害年金請求の実績豊富な社会保険労務士が対応します。無料メール相談

Copyright © 2015 障害年金請求サービス All Rights Reserved.