診断書

TOPページ > 診断書

診断書について


(1)本来請求(障害認定日請求1)

障害認定日に障害等級に該当したときに、障害認定日から1年6ヶ月いないに請求するものです。

初診日から1年6か月経過した時点が障害認定日になります。この時に障害状態で障害年金の審査となります。用意する診断書は、障害認定日以後3ヶ月イアにの現症を記載したものが1枚必要です。障害認定日から3か月以内の受診日のことを現症日(作成日とは違います)といいます。

 

(2)遡及請求(障害認定日請求2)

障害認定日に障害等級に該当していたが、いろいろな事情で障害認定日から1年以上経過して請求するものをいいます。診断書は、原則として障害認定日以後3ヶ月以内の現症及び請求日または同日前3ヶ月以内の現症を記載したものの2枚が必要となります。

ポイントは障害認定日時点での診断書を現在入手出来るかどうかです。年数が経過している当時の病院がなかったり、カルテが廃棄されていたりして診断書がとれないことがあります。


(3)事後重症請求

障害認定日に障害等級の状態にないものが、その後その障害が重症かして、65際に達する日の前日までの間に、障害等級の状態に該当しかつ、その期間内に請求することによって受給権を発生させるものです。診断書は、請求日または同月前3ヶ月以内の現症を記載したものが必要です。
上記(3)以外にも上記(2)の事例で年数が経過するなどで障害認定日当時の診断書が入手できない場合には、やむなく事後重症による請求をする場合があります。※請求日の属する月の翌月分から支給され、遡及はありません。

Copyright © 2015 障害年金請求サービス All Rights Reserved.